日本材料科学会
Materials Science Society of Japan

 

日本材料科学会とは・・・

 既存の材料や特殊な用途にこだわることなく、基礎的に、横断的に、かつ、総合的に研究を進めることによって、新しい材料が生まれ、そのための新しい用途が開発されます。このような基本的な考え方にもとずいて、日本材料科学会は、材料科学に関する理論の進歩および技術の向上に寄与することを目的として、昭和38年3月、設立されました。以来、42年余の歴史を通じて、縦て割りの学問分野にこだわらず、広く境界領域をカバーした研究活動を続けています。

本会はその目的を達成するため、次の事業を行います(定款・第5条)。
  • 研究発表会、研究討論会、学術講演会、セミナー、講習会、懇談会・および見学会の開催
  • 会誌および図書の発行
  • 材料科学に関する理論および技術の研究、調査、研究連絡 表彰および奨励
  • その他目的を達成するための必要な事業


  •  日本材料科学会は,材料科学という学際的分野に興味を持つ研究者・技術者が集まり,最先端の研究情報を交換し,各自の専門分野に生かすことを目的としています.会誌「材料の科学と工学」では、毎号を特集号として最新の材料・技術の分野におけるトピックスを取り上げて上記の目標へのアプローチを試みるとともに、特色あるオリジナルな論文を掲載することに努めています。

     日本材料科学会定款はこちらに掲載しております.





    表紙へもどる